top of page
  • heros-cafe

鼻下長紳士回顧録


8年ぶりの新作ストーリー!!

これぞ安野モヨコ!

舞台は20世紀初頭のパリ。

変態が集う娼館で、

生きるために交(まぐ)わい、殴り、書く。


「他の女のとこに行かれるくらいなら、お金を払った方がまし」


それが、“ヒモを待たせている娼婦 (あたし)”のルール――。


を読んだ。

安野先生の漫画は結構好き。

もしかしたら、

庵野監督よりも、モヨコさんの方が好きかもしれない。

で、、上下巻全2巻の「鼻下長紳士回顧録」なんだけど、、

めちゃくちゃ面白いってことはないけど、

つまんなくもない、、それでも、なかなか読み応えのはある、

内容でした。安野先生の絵が好き。

しかしながら、上巻が、、やたら立派なちゃんとした本になっていて、

で、もちろん定価で購入したわけではないが、、

定価¥2500だって?! ヮ(゚д゚)ォ!


ともあれ、わりとすぐに読むことができるので、

鼻下長紳士回顧録が読みたくなったら、

走れ!ヒーローズ☆カフェへ!

この漫画がどこにあるのか??

お尋ねしてね!!ヒーローズ☆マスターへ!


ヒーローズ☆カフェは水口城南駅から徒歩7分です。


:(;゙゚'ω゚'): な・ん・で?電車やねん!!


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page